端午の節句のお祝い|女の子の節句のひな祭りの意味を知って最適なプレゼントを贈ろう

女の子の節句のひな祭りの意味を知って最適なプレゼントを贈ろう

端午の節句のお祝い

五月人形

節句に飾る人形の特徴

5月5日は、こどもの日として祝日になっていますが、もともとは五節句で言うところのの端午の節句です。江戸時代になると、菖蒲の音がしょうぶであることから、尚武につながって、武家で祝われるようになり、家の後継ぎである男の子が、無事成長していくことを祈るための行事として始まりました。五月人形には、金太郎や桃太郎もありますが、もともとは鎧や兜を飾っていました。昔の戦国武将が、勝利を祈願して、鎧や兜を奉納するしきたりがありましたが、これに由来しています。現在は、鎧兜は身体を守るシンボルとして、交通事故や病気から子どもを守ってくれるという願いが込められています。五月人形には、兜だけのものもありますが、一般的には鎧、兜がセットになっていて子供の顔が入った、いわゆる武者人形がメジャ-です。

節句人形を選ぶ際の注意点

五月人形を購入するに当たっては、まずどこに飾るかを考える必要があります。ひと昔前であれば、和室や床の間に飾っていましたが、ライフスタイルや部屋の間取りも変わってしまいましたので、場所にこだわらず見栄えのする場所に飾ることになります。そこで、設置場所に困らないよう、コンパクトに飾ることができる省スペースタイプの五月人形も出てきています。向きや方角には決まりはありませんが、鎧や兜の縅糸や袱紗、武者人形の衣裳が変色したり、色褪せすることのないよう、直射日光の当たらない場所に置くことになります。そして、忘れてはならないのが収納場所です。1年のうち限られた期間しか飾りませんので、大半はしまっておくことになります。押し入れやクローゼット等の空きスペースについては、十分に確認しておく必要があります。武者人形は組み立て式ですので、分解すれば意外と小さくはなりますが、それでも鎧櫃の大きさは押さえておく必要があります。